月刊「住民と自治」

月間「住民と自治」

月刊「住民と自治」最新号
2016年12月号

  • 特集:文化行政の光芒 矛盾に向き合い紡ぎだす文化と自治
  • 発行年月日:2016/11/11
  • 定価:¥580(税込)

目次

●特集●文化行政の光芒 矛盾に向き合い紡ぎだす文化と自治

  • 地域の発展を支える文化行政と文化施設 佐藤一子
  • 展示をめぐる規制と「表現の自由」─公立美術館の今日的使命─ 武居利史
  • 人形劇を活かした地域づくりを目指して 林 優一郎
  • 長野県大町市 国際芸術祭のあり方を問う住民運動 種山博茂
  • 大阪に文化創造の環境を─大阪の文化再生に向けた「提言」─ 高田 昌
  • インタビュー 劇場alaの創造的運営と自治体文化行政への提言
    可児市文化創造センター館長 衛 紀生さんに聞く
  • 宝の海への畏敬の念を欠いた判決 桜井国俊
  • 「オール新潟」で生み出した米山県政のこれからに『新潟県政の検証2』が役立つことを確信 高橋 剛
  • 書評『南海トラフ地震・大規模災害に備える 熊本地震、兵庫県南部地震、豪雨災害から学ぶ』 奥西一夫

●連載●

  • おんなのRun ㊸ 安心して住める高江を渡す責任 伊佐育子
  • @NEWS 破たんした豊洲新市場計画─石原元知事の責任はあまりにも重大─ 市川隆夫
  • さほの先 ⑥図書館 なによりも人が大切 つださほ
  • 18歳からの地方自治法 第10回 条例ってなんだ? 白藤博行
  • 森 裕之のアメリカ便り 6 アメリカの学会参加記 森 裕之
  • おいでよ10 多賀町
  • ローカル・ネットワーク
  • Jつうしん
  • 史跡さんぽ⑱
  • 編集後記

北海道から九州まで34を数える、独自の地域レベルの研究所ネットワーク(会員1万人)を持つ、1963年設立の自治体問題研究所編集。

地方分権改革・道州制、地方税財政改革、公共サービス改革など地方自治分野のほか、福祉やまちづくりなど地域・自治体にかかわる諸分野の制度解説・先進事例を、タイムリーに分かりやすく紹介します。

また、住民・自治体職員・地方議員・研究者の共同による、地域の課題解決に取り組む「まち研」や、わがまちの市町村財政分析活動を取り上げ、全国的な誌上交流の場ともなっています。

地域活動・政策づくりに取り組む皆さんをサポートする地方自治の総合誌です。

月刊「住民と自治」 バックナンバー

『月刊 住民と自治 2016年12月号』

¥580(税込・送料無料

数量  
※お支払い方法:カード・コンビニ

◆Amazonで購入する→

送料無料の定期購読→

Fujisan.co.jpでもご購入できます

▲ ページの先頭へ戻る