月刊「住民と自治」

月間「住民と自治」

月刊「住民と自治」最新号
2017年7月号

  • 特集:我が事・丸ごと「地域共生社会」の不安と希望をめぐる
  • 発行年月日:2017/06/15
  • 定価:¥580(税込)

目次

●特集●我が事・丸ごと「地域共生社会」の不安と希望をめぐる

  • 社会保障制度基盤を揺るがす「改革」-「地域共生社会」で強調される自助・共助─ 芝田英昭
  • 障がいのある人にとっての「我が事・丸ごと」の影響と問題点 小野 浩
  • 地域包括ケアと白十字ホームの活動 西岡 修
  • 地域を足場に、住民参加で進める松本市の「地区福祉ひろば」 塩原 航
  • 生活困窮者自立支援制度におけるユニバーサル就労の活用 下村 功
  • 自治、福祉の視点からみた「避難指示解除」─福島・6年後の帰還─ 丹波史紀
  • 大阪市営地下鉄・市営バスの廃止条例が可決─民営化で奪われる市民の交通権をいかに取り戻すか─ 土居靖範
  • 第59回自治体学校in千葉 現地から 千葉県に「財産」をつくる学校を目指して 長平 弘
  • 書評 相川俊英 著 『地方議会を再生する』 坂本 誠
  • 書評 関耕平ほか著 『農山村地域と鉄道の役割に光をあてる─「三江線の過去・現在・未来」に学ぶ─』 佐々木忠
  • 書評 にいがた自治体研究所 編集・発行『県民は、なぜ米山知事を選んだのか 新しい市民政治への期待と展望』 池田 豊

●連載●

  • おんなのRun㊿原発のない社会は未来の命へのわたしたちの責任 丹治杉江
  • @NEWS 「新ぐるりんこ」が支える浪江町民の願い 神長倉豊隆
  • まちの財政を身近なものに!第4回 公共サービスの財源 初村尤而
  • 藤井伸生のフィンランド子育て紀行4 青少年へも積極的に関与 藤井伸生
  • 新連
  • まめの木 再開発ってなんだ①東の「モリトモ」疑惑は“再開発” 遠藤哲人
  • いのちと健康を守るメンタルヘルス対策 第1回 増える精神疾患による公務災害 天笠 崇
  • ローカル・ネットワーク
  • 第59回自治体学校in千葉 現地から 千葉県に「財産」をつくる学校を目指して 長平 弘
  • Jつうしん
  • 史跡さんぽ㉕
  • おいでよ17 檜枝岐村
  • 編集後記

北海道から九州まで34を数える、独自の地域レベルの研究所ネットワーク(会員1万人)を持つ、1963年設立の自治体問題研究所編集。

地方分権改革・道州制、地方税財政改革、公共サービス改革など地方自治分野のほか、福祉やまちづくりなど地域・自治体にかかわる諸分野の制度解説・先進事例を、タイムリーに分かりやすく紹介します。

また、住民・自治体職員・地方議員・研究者の共同による、地域の課題解決に取り組む「まち研」や、わがまちの市町村財政分析活動を取り上げ、全国的な誌上交流の場ともなっています。

地域活動・政策づくりに取り組む皆さんをサポートする地方自治の総合誌です。

月刊「住民と自治」 バックナンバー

『月刊 住民と自治 2017年7月号』

¥580(税込・送料無料

数量  
※お支払い方法:カード・コンビニ

◆Amazonで購入する→

送料無料の定期購読→

Fujisan.co.jpでもご購入できます

▲ ページの先頭へ戻る