第46回 市町村議会議員研修会 in静岡

これからの自治体行財政をみすえ、「政策立案力」にみがきをかけます

2019年1月28日(月)・29日(火) 定員180名

岩本山からの富士山と梅
岩本山からの富士山と梅(写真:©静岡県観光協会

~もくじ~

  1. 概要
  2. スケジュール
  3. 地図・アクセス
  4. 印刷用パンフレット&申込書のダウンロード
  5. お問い合わせ先
  6. お申し込み

概要

イベント名 第46回 市町村議会議員研修会 in静岡
日時 2019年1月28日(月)・29日(火)
会場
  • 静岡商工会議所静岡事務所会館/レイアップ御幸町ビル「CSA会議室」(静岡市葵区)
企画 自治体問題研究所
主催 (株)自治体研究社
定員 180名(2日間通し参加のみ)
※ご送金いただいた順に受付完了とし、研修会の約1週間前に領収書、参加票を郵送でお送りします。
参加費 市区議会議員 30,000円 / 同 研究所個人会員 28,000円
町村議会議員 20,000円 / 同 研究所個人会員 18,000円
議会事務局・一般 18,000円 / 同 研究所個人会員 15,000円
※キャンセル料=1月21日以降は、10,000円を申し受けます。
※「会員」は自治体問題研究所の個人会員。
お申し込み お申し込みフォーム 、FAX、Eメール、郵送。
ご宿泊 ご宿泊につきましては、恐れ入りますがご自身でご手配ください。
お弁当(お茶付) 1,000円(2日目=1月29日昼食)
  • ※希望者のみ。周辺に飲食店多数あります。
  • ※お弁当のキャンセルについては、1月21日以降はご返金出来ません。
  • ※受講料・弁当代はいずれも税込み

◆「お申し込みフォーム」でのお申し込み ⇒

お申し込みフォームに進む

◆「FAX」または「郵送」でのお申し込み ⇒

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)
03-3235-5933
〒162-8512
東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階
(株)自治体研究社・第46回議員研修会係

◆「メール」でのお申し込み ⇒

以下の項目を記入の上、event@jichiken.jpまでお送り下さい。
複数人の情報をExcelにまとめて添付していただいても結構です。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 領収証送付先*議会事務局などへお送りする場合は、○○議会事務局気付などとお書きください。
    領収証の宛名(名称)
  • 性別
  • 電話番号
  • FAX
  • メールアドレス
  • 自治体名(例:東京都新宿区)
  • 期目(例:現在3期目。議員でない場合、「一般」とお書きください。)
  • 自治体問題研究所個人会員である or 自治体問題研究所個人会員ではない
  • 2日目 「お弁当」の注文をするorしない(2日目=1月29日の昼食。1,000円。)
  • 2日目の希望選科(選科A~Cのいずれかをお選びください)
    • 選科A: 国保・地域医療(国保の都道府県単位化と地域医療の連動を知る)
    • 選科B: 減災まちづくり(減災まちづくりと自治体の役割)
    • 選科C: 子ども・子育て(子ども・子育て支援新制度の現段階と今自治体で取り組むべき課題)
  • 今回の研修会で特に聞きたい点(簡潔にお書きください)

▲ ページの先頭へ戻る

スケジュール

1日目 全体会
2019年1月28日(月) 13:00~18:30(休憩・質疑含む)

(静岡商工会議所)

●講演① 13:00~16:00
2019年度政府予算案と地方財政の課題

川瀬 憲子(静岡大学教授)

2019年度政府予算と地方財政計画は「地方創生」政策に伴う、集約型の国土再編の流れに沿ったものとして、位置づけることができます。自治体で次年度予算を考えるに際し、政府予算の内容と特徴から課題をみいだし、政策立案に結び付けることは必須です。本講では、政府予算の特徴を整理し、地方財政の現況と課題や今後の動向について学びます。

川瀬 憲子


●講演② 16:20~18:30
「自治体戦略2040構想」と地方自治─人口縮小時代の地方自治・自治体のあり方―

白藤 博行(専修大学教授)

総務省「自治体戦略2040構想研究会」報告の具体化に向けて、第32次地制調での審議が進んでいます。2040年の社会の姿を想定し、これに対応する自治体行政のあり方を議論するものです。今後の自治体政策を考えるうえで重要になる「2040構想」をまずは理解し、地制調や専門小委員会の検討内容を知り、その理論的・実践的課題を学びます。

白藤 博行

2日目 選科
2019年1月29日(火)

(レイアップ御幸町ビル CSA会議室)

●選科3コース 9:30~15:30(休憩・質疑含む)

[選科A] [選科B] [選科C] のいずれかをお選びいただきます。

選科A●国保・地域医療
国保の都道府県単位化と地域医療の連動を知る

長友 薫輝(三重短期大学教授)

神田 敏史(自治体職員)

●2018年度から大幅な制度改革が行われた国保と地域医療。3400億円の公費が投入され、都道府県と市町村は「社会保障及び国民保健の向上」(国保法第1条)のためになにをすべきか。保険料(税)負担や医療費適正化、保健事業、地域医療体制をめぐる動きを検証しながら考えていきます。

長友 薫輝/神田 敏史


選科B●減災まちづくり
減災まちづくりと自治体の役割

室崎益輝(兵庫県立大学大学院教授)

水道・PFIなどアウトソーシング関連著作多数

●想定外の災害に加え、間接的被害も数多く報告されています。これからの防災・減災は災害の起きる前の対策と、想定外の災害が起きた際の対応の2段階で備える必要があります。そのためには行政と住民の相互連携も必須です。教訓を活かし想定外を見越した「防災・減災のまちづくり」の実践にむけて、自治体の役割を考えます。

室崎益輝

選科C●子ども・子育て
子ども・子育て支援新制度の現段階と今自治体で取り組むべき課題

藤井伸生(京都華頂大学教授)

●子ども・子育て支援新制度がスタートし、4年がたとうとしています。制度・施策など保育をめぐる状況は大きく変貌しています。保育をはじめとした子育て支援制度改革の進捗状況と見えてきた問題点を整理し、今取り組むべき課題を提案します。また、自治体の取り組み事例をもとに、これからの自治体の役割やあり方を展望しましょう。

藤井伸生

▲ ページの先頭へ戻る

地図・アクセス

静岡商工会議所

静岡市葵区黒金町20番地の8




レイアップ御幸町ビル CSA会議室

静岡市葵区御幸町11-8 レイアップ御幸町ビル5・6・7階(受付2階)




  • 電車/JR新幹線・東海道線静岡駅より徒歩3分
  • 車/静岡ICからは車で約20分(主催者による駐車場のご用意はございません。)

印刷用パンフレット&申込書のダウンロード

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)

▲ ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

ご不明な点は「(株)自治体研究社」までお問い合わせ下さい。

  • ① メール:event@jichiken.jp
  • ② 電話:03-3235-5941(平日 9:00-17:00)
  • ③ FAX:03-3235-5933

▲ ページの先頭へ戻る

お申し込み

◆「お申し込みフォーム」でのお申し込み ⇒

お申し込みフォームに進む

◆「FAX」または「郵送」でのお申し込み ⇒

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)
03-3235-5933
〒162-8512
東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階
(株)自治体研究社・第46回議員研修会係

◆「メール」でのお申し込み ⇒

以下の項目を記入の上、event@jichiken.jpまでお送り下さい。
複数人の情報をExcelにまとめて添付していただいても結構です。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 領収証送付先*議会事務局などへお送りする場合は、○○議会事務局気付などとお書きください。
    領収証の宛名(名称)
  • 性別
  • 電話番号
  • FAX
  • メールアドレス
  • 自治体名(例:東京都新宿区)
  • 期目(例:現在3期目。議員でない場合、「一般」とお書きください。)
  • 自治体問題研究所個人会員である or 自治体問題研究所個人会員ではない
  • 2日目 「お弁当」の注文をするorしない(2日目=1月29日の昼食。1,000円。)
  • 2日目の希望選科(選科A~Cのいずれかをお選びください)
    • 選科A: 国保・地域医療(国保の都道府県単位化と地域医療の連動を知る)
    • 選科B: 減災まちづくり(減災まちづくりと自治体の役割)
    • 選科C: 子ども・子育て(子ども・子育て支援新制度の現段階と今自治体で取り組むべき課題)
  • 今回の研修会で特に聞きたい点(簡潔にお書きください)
熱海梅園
熱海梅園(写真: ©静岡県観光協会

▲ ページの先頭へ戻る

▲ ページの先頭へ戻る

kj5zdfs23asdy