第24回全国小さくても輝く自治体フォーラムin南牧村

2019年10月4日(金)・5日(土)

町村自治の発展をめざし、小規模自治体の取り組みと魅力を交流します!

南牧村

はじめに

東京一極集中の加速と人口減少社会に直面している令和元年、総務省の自治体戦略2040構想研究会の報告を受けて設置された第32次地方制度調査会では、圏域マネジメントや二層制の柔軟化などの議論が進んでいます。その地制調専門小委員会で全国町村会の会長が、圏域マネジメントの法制化などの議論に対し、「町村を衰退させ、消滅させかねない危険性を持っているため絶対に容認できない論点である」と強く批判しています。国には、これまでの小規模町村における努力の成果をふまえて、自治体の自主性を尊重して支援する姿勢が求められます。

小さくても輝く自治体フォーラムの会は、今年10月、24回目の全国フォーラムを群馬県南牧村で開催します。南牧村は、群馬県の西南端で長野県との県境に位置し、人口1900人未満で、高齢化率約60%と日本一高齢化の村です。「地方消滅」論では、全国で最も消滅可能性が高いといわれましたが、現在、まち・ひと・しごと創生総合戦略などで「住民一人ひとりが手と手を取り合い、すべての住民が幸せを感じることができる『幸齢者日本一の村』を目指して」、定住促進や高齢者介護・福祉対策などに積極的に取り組み、流入人口が流出人口を上回る成果も生んでいます。

人口減少社会の課題の最先進地で「幸齢者日本一」に励んでいる南牧村における今回のフォーラムでは、小さいながらも自治を大切にした地域づくりのあり方に関して、移住・定住、地域資源活用・地域振興、都市・農村交流などをテーマに活発な交流を行います。また、専修大学の白藤博行教授をお招きして、圏域マネジメント法制化論が見過ごしている「小規模自治体の存在意義としなやかさ」について考えます。10月に、群馬県南牧村につどって、群馬県内自治体・地域や全国各地での人口減少に負けない取り組みや、地域課題を見つめた地域づくりのチャレンジについて、互いに学び、交流しましょう。

概要

イベント名
第24回全国小さくても輝く自治体フォーラムin南牧村
日時
2019年10月4日(金)・5日(土)
会場
群馬県南牧村活性化センター/南牧村役場
主催
小さくても輝く自治体フォーラムの会
参加費

下記参加費等を参照。

お申し込み

FAXまたは郵送でお申込みください。折り返し お申込み確認のご連絡を 差し上げます。宿泊先の確定後に 参加費等をお振込みください。

詳細は、パンフまたは下記お申し込みを参照。

お問い合わせ

■全国小さくても輝く自治体フォーラムの会

スケジュール

2019年10月4日(金)


南牧村活性化センター
※「フォーラムの会」総会は団体会員の代表、個人会員のみなさまが対象です。

12:30
受付開始
13:00〜13:20
「フォーラムの会」総会
13:35〜13:50
歓迎セレモニー(子ども太鼓)
13:50〜14:15
開会式(開会あいさつ 長谷川最定村長・藤澤直広「フォーラムの会」会長) ほか
14:15〜15:30
記念講演「小規模自治体の存在意義としなやかさ ―自治体戦略2040構想を超えて」  白藤博行(専修大)
15:45〜17:30
リレートーク 外山京太郎(川場村長)・村内移住者・地域おこし協力隊隊員・藤澤直広(「フォーラムの会」会長) コーディネーター・牧山正男(茨城大)

南牧村活性化センター

17:45〜19:20
夕食交流会

19:30〜
参加者をバスで「ホテルアミューズ富岡」、上野村「やまびこ荘」まで送迎

2019年10月5日(土)

8:15
「ホテルアミューズ」、「やまびこ荘」からバス出発

①〜③は南牧村役場、④は多世代交流カフェ
(当日、バスで宿泊施設から会場までご案内します)

9:00〜10:40

分科会

  • ①「移住・定住」助言 牧山正男(茨城大)
  • ②「地域資源活用・地域振興」助言 槇平龍宏(大月短大)
  • ③「都市・農村交流」助言 片岡美喜(高崎経済大)
  • ④「町村長交流会」

バスで活性化センターまで移動

11:00〜11:20
各分科会の討議報告
11:20〜11:40
アピール文採択、次回開催地あいさつ
11:40
閉会
11:55
高崎駅への連絡バス発車

2日目の分科会

  • ①移住・定住(助言者 牧山正男 先生)
  • ②地域資源活用・地域振興(助言者 槇平龍宏 先生)
  • ③都市・農村交流(助言者 片岡美喜 先生)
  • ④町村長交流会(村長とその代理の方に限らせていただきます)

アクセス(送迎バス)

南牧村

車でお越しの場合

車でお越しの場合、南牧村での昼食は途中の「道の駅」等をご利用ください。

送迎バス

(片道1,000円、往復2,000円・事前申込みが必要です)

迎え(10月4日)

  • 1便 高崎駅 11時発
    高崎駅新幹線口(東口)11時00分発でおおむね1時間ほどで会場に到着します。予約いただければ、会場にて昼食弁当を用意します。
  • 2便 高崎駅 11時45分発
    高崎駅新幹線口(東口)11時45分発。この場合は、高崎駅にて弁当の購入をお勧めします。

帰り(10月5日)

  • 3便 高崎駅 13時15分着
    11時55分会場発で、高崎駅13時15分ころ着予定。
  • 4便 富岡経由、高崎駅 15時30分着
    途中、甘楽町の「こんにゃくパーク」で軽食、富岡市の世界遺産「富岡製糸場」を見学(入場料1,000円は参加者ご自身のご負担)ののち15時30分ころ高崎駅に到着予定。

参加費等

参加費用

団体会員の町村長・議員・職員、個人会員 3,000 円 非会員 4,000 円

送迎バス

  • 1便 4日の高崎駅 11時発のバスに乗る 1,000 円
    (1便乗車の場合 村到着後の弁当を予約する 650 円)
  • 2便 4日の高崎駅 11時45分発のバスに乗る 1,000円
  • 3便 5日の高崎駅 13時15分 着 のバスに乗る 1,000円
  • 4便 5日の富岡経由、高崎駅 15時30分着のバス乗車 1,000円

夕食交流会

  • 1日目全体会の終了後、全体会場で開催 4,000円

宿泊(1泊朝食付き)

≪富岡市内「ホテルアミューズ富岡」≫
(シングル全30 室・ツイン全 10 室)
  • シングル 8,000円
  • ツイン1人 9,300円
  • ツイン2人 15,200円


≪上野村「やまびこ荘」≫
  • 8,500円~(1 室人数により金額が変わります )

お申し込み

フォーラム申込みは、申込書に必要な項目にご記入の上、「南牧村 村づくり・雇用推進課 」まで。

  • FAX: 0274-87-3628
  • 郵送: 〒 370 2806 群馬県甘楽郡南牧村大字大日向 1098
  • 電話: 0274-87-2011(担当 今井・高柳)

折り返し お申込み確認のご連絡を 差し上げます。宿泊先の確定後に 参加費等を下記指定口座にお振込みください。

振込先口座

恐れ入りますが振込手数料はお申込み者様にてご負担ください。

群馬県信用組合
南牧支店 (普通)0200467
南牧村小さくても輝く自治体フォーラム実行委員会

申込みの締め切りは 9月13日(金)とし、入金の期限を9月20日(金)とさせていただきます。

お問い合わせ先

■全国小さくても輝く自治体フォーラムの会