第23回全国小さくても輝く自治体フォーラムin訓子府町

2018年7月13日(金)・14日(土)

小さいからこそできる創造的地域づくりを学び、交流しよう!

第23回全国小さくても輝く自治体フォーラムin訓子府町

【お申し込み・お問い合わせ】

参加及び宿泊申込書にご記入の上、日本旅行北見支店(担当:五十嵐・山畑)までFAX(0157-23-2229)、またはEメール(申込み専用:shinya_igarashi@nta.co.jp)でお申込みください。折り返し、参加費・宿泊費の振り込みについてご案内いたします。

※申込みの締め切りは6月22日(金)とし、入金の期限を6月29日(金)とさせていただきます。

チラシ兼申込書をダウンロードする(PDFファイル)

お問い合わせ先:全国小さくても輝く自治体フォーラムの会

事務局 〒162-8512 東京都新宿区矢来町 123 自治体問題研究所内
TEL:03-3235-5941 FAX:03-3235-5933 E-mail:info@jichiken.jp

~もくじ~

  1. はじめに
  2. スケジュール
  3. アクセス(送迎バス)
  4. オプション企画
  5. 参加費等
  6. お申し込み
  7. お問い合わせ先

はじめに

今、東京一極集中が加速し、人口減少に歯止めがかからない状況が続いています。地方創生が打ち出される以前から、地方は自発的に人口減少に負けない総合的な地域づくりに真摯に取り組んできました。なかでも小規模自治体は、「田園回帰」の流れの中の主役として、小さいからこそできるチャレンジを続け、数多くの成果をあげています。このことは、「平成の大合併」の失敗や道州制の非現実性をあらためて認識させるとともに、農山漁村の小規模自治体を「消滅可能性自治体」としてのみ見ることができないことを示しています。

この間、自治体の基金増加が取り上げられ、自治体財政に余裕があるかのような議論が行われています。こうした議論が地方一般財源保障としての地方交付税に影響することが懸念され、地方一般財源保障が揺らぐことがあれば、地方創生の失敗をもたらすことは明らかです。また、TPP11の動向も地域経済への破壊的影響から強く懸念されています。

小さくても輝く自治体フォーラムの会は、今年7月、23回目の全国フォーラムを北海道訓子府町で開催します。訓子府町は、北海道の北見盆地に位置し、オホーツク管内18市町村の中で面積が最も小さな町です。町名の「くんねっぷ」は、アイヌ語の「クンネ・プ」(黒いところ・やち川にして水黒し)からきています。町の基幹産業は農業。肥沃な大地に早くからの農業基盤整備で良質な土づくりを行い、そこから生まれる特産品のメロンは道内外の消費者から高評価を受け、さらに訓子府町を含む北見地方の玉ねぎは生産量全国一を誇っているほか、馬鈴薯や小麦など作物が多岐にわたっています。

平成29年度にスタートした町の第6次総合計画のキャッチフレーズ『「ちょっといいね!」がたくさんあるまちくんねっぷ』の下、農業や商工業振興、人口減少などに対応する施策を展開しています。町外の乳幼児も受け入れる認定こども園や、高齢者のためのハイヤー・バス利用サービス事業など「安心して子育てできるまち」「高齢者にやさしいまち」としての事業を実施しています。自然ばかりではなく、市街地も美しい景観を守り続けています。

今回は、地域経済振興、移住・定住、教育子育て、文化・芸術のまちづくりなどをテーマに交流します。また劇作家の平田オリザ氏を招き、「文化による地方創生」を考えていきます。7月、北海道訓子府町につどい、訓子府町をはじめとした北海道内自治体・地域や全国各地で取り組まれている人口減少に負けない、小さいからこそできる創造的地域づくりについて、お互いに学び、交流しましょう。

▲ ページの先頭へ戻る

スケジュール

1日目=2018年7月13日(金)

日時内 容
13:30~受付開始
14:30~14:45歓迎行事
14:45~15:00開会あいさつ
15:00~17:00 記念講演「新しい広場をつくる 机上の論理ではない文化による地方創生」
平田オリザ(劇作家・演出家)
17:40~19:40夕食交流会(屋外で炭火焼)
18:00バスで北見市内の指定ホテルまで送迎

2日目=2018年7月14日(土)

8:10北見市内から送迎バス出発
8:50〜10:20 分科会と助言者
  • ①「地域経済の振興」菅原 優(東京農大)
  • ②「移住・定住、教育子育て」河野和枝(北星学園大)
  • ③「文化・芸術」寺尾 仁(新潟大)
  • ④「町村長交流会」(町村長とその代理に限ります)
10:30〜11:40 リレートーク「小さいからできる自治」
片山健也(ニセコ町長)・谷 一之(下川町長)・菊池一春(訓子府町長)/コーディネーター 小田 清(北海道地域・自治体問題研究所理事長)
11:40〜11:50次回開催地あいさつ、アピール文採択、閉会
12:05女満別空港行きバス出発
12:40オプショナルツアー(町内視察)出発

▲ ページの先頭へ戻る

アクセス(送迎バス)

訓子府町



送迎バス

■ 会場←→空港
(片道1,000円・事前申込みが必要です)
13日は女満別空港13時20分発で開会前に会場の公民館前に到着、14日は会場を12時05分に出発し、13時40分発の羽田便に接続します。
■ 北見市内宿泊ホテルまで
13日、訓子府町内には宿泊施設が限られていますので、宿泊には北見市内のホテルを確保しています。上記「プログラム・スケジュール」の要領で北見市内まで送迎します。

▲ ページの先頭へ戻る

オプショナルツアー/訓子府町内施設見学

(希望者のみ)

12時40分に役場前を出発し、町内各地を巡り16時00分に女満別空港に到着予定です。

▲ ページの先頭へ戻る

参加費等

■ 参加費
参加費 団体会員の町村長・議員・職員、個人会員 3,300円
会員以外 4,300円
■ オプショナルツアー(弁当代等)
1,500円

▲ ページの先頭へ戻る

お申し込み

参加及び宿泊申込書にご記入の上、日本旅行北見支店(担当:五十嵐・山畑)までFAX(0157-23-2229)、またはEメール(申込み専用:shinya_igarashi@nta.co.jp)でお申込みください。折り返し、参加費・宿泊費の振り込みについてご案内いたします。

※申込みの締め切りは6月22日(金)とし、入金の期限を6月29日(金)とさせていただきます。

チラシ兼申込書をダウンロードする(PDFファイル)

▲ ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

主催:全国小さくても輝く自治体フォーラムの会

事務局 〒162-8512 東京都新宿区矢来町 123 自治体問題研究所内
TEL:03-3235-5941 FAX:03-3235-5933 E-mail:info@jichiken.jp

▲ ページの先頭へ戻る

▲ ページの先頭へ戻る