第42回市町村議会 議員研修会in大阪

12月議会を前に「社会保障のいま」をじっくり学びます

2017年11月6日(月)・7日(火) 定員200名

大阪空港
大阪空港

~もくじ~

  1. 概要
  2. スケジュール
  3. 地図・アクセス
  4. 印刷用パンフレット&申込書のダウンロード
  5. お問い合わせ先
  6. お申し込み

概要

イベント名 第42回市町村議会議員研修会in大阪
日時 2017年11月6日(月)・7日(火)
会場
  • ホテルマイステイズ 新大阪コンファレンスセンター
    大阪府大阪市淀川区西中島6-2-19
企画 自治体問題研究所
主催 (株)自治体研究社
定員 200名(2日間通し参加のみ)
※ご送金いただいた順に受付完了とし、領収証・参加案内をお送りいたします。
参加費 市区議会議員 29,000円 / 同 研究所個人会員 27,000円
町村議会議員 20,000円 / 同 研究所個人会員 18,000円
議会事務局・一般 18,000円 / 同 研究所個人会員 15,000円
※キャンセル料=10月23日以降は、10,000円を申し受けます。※「会員」は自治体問題研究所の個人会員。
お申し込み お申し込みフォーム 、FAX、Eメール、郵送。
ご宿泊 ご宿泊につきましては、恐れ入りますがご自身でご手配ください。
お弁当(希望者のみ) 1,400円(2日目=11月7日昼食)
  • ※お弁当のキャンセルについては、10月30日以降はご返金出来ません。
  • ※会場内にもレストランがございます。
  • ※受講料・弁当代はいずれも税込み

◆「お申し込みフォーム」でのお申し込み ⇒

お申し込みフォームに進む

◆「FAX」または「郵送」でのお申し込み ⇒

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)
03-3235-5933
〒162-8512
東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階
(株)自治体研究社・第42回議員研修会係

◆「メール」でのお申し込み ⇒

以下の項目を記入の上、event@jichiken.jpまでお送り下さい。
複数人の情報をExcelにまとめて添付していただいても結構です。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 領収証送付先*議会事務局などへお送りする場合は、○○議会事務局気付などとお書きください。
    領収証の宛名(名称)
  • 性別
  • 電話番号
  • FAX
  • メールアドレス
  • 自治体名(例:東京都新宿区)
  • 期目(例:現在3期目。議員でない場合、「一般」とお書きください。)
  • 自治体問題研究所個人会員である or 自治体問題研究所個人会員ではない
  • 2日目 「お弁当」の注文をするorしない(2日目=11月7日の昼食。1,400円。)
  • 2日目の希望選科 [選科A(高齢者福祉)] or [選科B(国民健康保険)]
  • 今回の研修会で特に聞きたい点(簡潔にお書きください)

▲ ページの先頭へ戻る

スケジュール

1日目 全体会
2017年11月6日(月) 13:00~18:00(質疑・休憩含む)

●記念講演 13:00~15:20
「我が事・丸ごと」地域共生社会による社会保障の変容に、地方自治体・地域住民はどう関わるのか

芝田 英昭(立教大学コミュニティ福祉学部 教授)

厚生労働省地域共生社会実現本部「当面の改革工程」(2017年2月7日発表)に沿って、2017年5月介護保険法等31の法律が一括改訂されました。これらの問題点を探るとともに、社会保障における地方自治体の役割や地域住民の共同の運動・実践との関係について考えます。

芝田 英昭

●講義 15:40~18:00
子育て支援策の現状と課題-母子保健・児童福祉における自治体の役割-

藤井 伸生(京都華頂大学現代家政学部 教授)

子どもの貧困・虐待、少子化が社会問題となっています。児童相談所・福祉事務所・保健センター・保育所・学校などの連携が問われています。フィンランドのネウボラや国内の先進事例を通して、子どものいのちを守り、育んでいくために自治体が果たさなければならない役割について考えます。

藤井 伸生

2日目 全体会
2017年11月7日(火)

●選科2コース 9:00~15:00(質疑・休憩含む)

[選科A] または [選科B] のいずれかをお選びいただきます。

選科A● 高齢者福祉における自治体の役割
-介護保険、地域包括ケアの視点から-

服部万里子(服部メディカル研究所 所長)

●2017年の介護保険法改正、2018年の制度報酬改定の動向と、医療保険の地域医療構想との関係で、これからの高齢者福祉の課題を整理します。論点の第1は「地域包括ケアシステム」に伴う、自立の成果に合わせて市町村に交付金を出す「税制インセンティブ」に関してです。2018年からの介護保険事業計画に具体化されます。論点の第2は介護が必要になる原因のトップが「認知症」になり、認知症になっても地域で支える体制づくりです。論点の第3は「介護人材不足」に対する市町村の支援の取り組みです。論点の第4は地域資源の開発など、地域の介護力の育成です。

服部万里子

選科B● 「新しい国保のしくみと財政」を考える
-保険者として住民の医療・健康をどうつくるか?-

長友 薫輝(津市立三重短期大学生活科学科 教授)
寺尾 正之(全国保険医団体連合会政策部)

●2018年度から国民健康保険(国保)の運営に都道府県が加わります。それに伴い、保険料の算定方法や財政運営のしくみも変わります。また、都道府県単位化を契機として、保険者である自治体は「医療費適正化」の取り組みを強化することが求められます。住民の健康づくり活動や医療提供体制の調整など、期待される役割は以前よりも増しています。

この選科では、新しい国保のしくみを概観し、冬議会での論点にも触れながら、自治体として住民の医療・健康をどうつくっていくのか、みなさんとともに理解を深めたいと思います。

長友 薫輝
寺尾 正之

▲ ページの先頭へ戻る

地図・アクセス

ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター

大阪府大阪市淀川区西中島6-2-19

  • 新大阪駅から徒歩5分
  • 新大阪駅はJR東海道・山陽新幹線、地下鉄御堂筋線、JR東海道・山陽新幹線、JR京都線が利用可。
  • 主催者による駐車場のご用意はございませんが、会場ホテルに有料駐車場がございます。

印刷用パンフレット&申込書のダウンロード

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)

▲ ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

ご不明な点は「(株)自治体研究社」までお問い合わせ下さい。

  • ① メール:event@jichiken.jp
  • ② 電話:03-3235-5941(平日 9:00-17:00)
  • ③ FAX:03-3235-5933

▲ ページの先頭へ戻る

お申し込み

◆「お申し込みフォーム」でのお申し込み ⇒

お申し込みフォームに進む

◆「FAX」または「郵送」でのお申し込み ⇒

パンフレット&申込書をダウンロードする(PDFファイル)
03-3235-5933
〒162-8512
東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階
(株)自治体研究社・第42回議員研修会係

◆「メール」でのお申し込み ⇒

以下の項目を記入の上、event@jichiken.jpまでお送り下さい。
複数人の情報をExcelにまとめて添付していただいても結構です。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 領収証送付先*議会事務局などへお送りする場合は、○○議会事務局気付などとお書きください。
    領収証の宛名(名称)
  • 性別
  • 電話番号
  • FAX
  • メールアドレス
  • 自治体名(例:東京都新宿区)
  • 期目(例:現在3期目。議員でない場合、「一般」とお書きください。)
  • 自治体問題研究所個人会員である or 自治体問題研究所個人会員ではない
  • 2日目 「お弁当」の注文をするorしない(2日目=11月7日の昼食。1,400円。)
  • 2日目の希望選科 [選科A(高齢者福祉)] or [選科B(国民健康保険)]
  • 今回の研修会で特に聞きたい点(簡潔にお書きください)
御堂筋
御堂筋

*写真:©(公財)大阪観光局

▲ ページの先頭へ戻る

▲ ページの先頭へ戻る