月刊『住民と自治』2010年5月号

月刊「住民と自治」
2010年5月号

  • 岐路に立つ自治体病院
  • 発行年月日:2010/04/11
  • 定価:¥0(税込)

目次

●特集●岐路に立つ自治体病院

  • 自治体病院 その公共性復権のために―地域医療の危機と自治体病院改革村口 至
  • 地域医療をめぐる動きと運動の課題山本 裕
  • 地域医療調査が照らしだした地域医療への責任からの脱走(北九州市)岸川真琴
  • 民営化にひた走る橋下大阪府政の府立病院改革(大阪府)芝山光代
  • 高知医療センターPFI撤退が示す医療PFIの矛盾(高知県・高知市)岡田和人
  • 指定管理者の導入で151人の医療従事者を分限解雇(愛媛県西条市)田福千秋
  • 市域を超え専門家集団と連携して地域医療を守る(愛知県東三河)清水芳卓
  • 公立病院を守るネットワークはいま(千葉県)小関 厚
  • 医療・保健・福祉・介護のネットワークの核として(高知県大月町)小野 歩

  • 指定管理者制度の抜本見直しは緊急の課題
     ―2009年導入状況調査結果が提起するもの角田英昭
  • 大阪で唯一の村、千早赤阪村は自立の村づくりへ鈴木鉄雄

●連載●

  • 連載講座 「25%削減」に向けた地域温暖化対策
     第6回 農山村での温暖化対策―低炭素型農業システム上園昌武
  • 岡庭一雄の村報「協働あーちすと」
     第11号 予算編成に住民意思を岡庭一雄

  • 読者の広場/Jつうしん/ローカル・ネットワーク/編集後記
  • 表紙写真 川内松男/目次絵手紙 平野富子
"

月刊「住民と自治」 バックナンバー

月刊「住民と自治」2010年5月号
岐路に立つ自治体病院

¥0(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

送料無料の定期購読→

Fujisan.co.jpでもご購入できます

▲ ページの先頭へ戻る