村田隆史著『生活保護法成立過程の研究』が『前衛』2018年7月号で紹介されました

……生活保護法が成立した過程を、労働・社会運動にも視野を広げながら分析。

……社会保障における公的責任を後退させる自公政権にたいして、『人権としての社会保障』をかかげ、対抗するための理論構築に挑もうという意欲的な書です。

『前衛』誌のWEBサイトはこちら


<書評対象となった書籍>

生活保護法成立過程の研究

1945~1950年の生活保護法の成立過程を社会保障の観点から分析した歴史研究。第二次世界大戦直後の国民生活、政治、経済社会の激動期に、戦前の基本原理とは異なった社会保障制度体系の基礎が形成されている。この時期をつぶさに分析して、「人権としての社会保障」を実現するための基本原理とは何かを明らかにする。翻って自助や自立に力点を置く現今の政府に、生活保護法が、憲法25条(生存権)の基本理念の具体化であることを示す。

  • 村田 隆史(著)
  • ¥2,916(税込・送料無料
  • 在庫あり

    数量:  

    ◆Amazonで購入する

    ◆書店で購入する
    常備書店一覧