村田隆史著『生活保護法成立過程の研究』が『前衛』2018年7月号で紹介されました

……生活保護法が成立した過程を、労働・社会運動にも視野を広げながら分析。

……社会保障における公的責任を後退させる自公政権にたいして、『人権としての社会保障』をかかげ、対抗するための理論構築に挑もうという意欲的な書です。

『前衛』誌のWEBサイトはこちら

<書評対象となった書籍>

書籍名 村田隆史著『生活保護法成立過程の研究』が『前衛』2018年7月号で紹介されました
著者名等 村田 隆史(著)
価格 ¥2,970(税込)
発行年月日: 2018年4月20日
ISBN-10 4880376795
ISBN-13 9784880376790
C-CODE
ページ数 306ページ
本のサイズ A5