最新イベント情報

2021年7月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)

第63回自治体学校 in DVD + Zoom

  • 危機を乗り越え、いのちとくらしを支える自治体の役割
  • Zoom(オンライン)

第63回自治体学校は、新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、昨年と同じように全体会として予定した2つの講演をDVDに収めご参加のみなさまにお送りする形をとります。また、分科会はZoom(オンライン)で開催いたします。
なお、本学校のペーパーのチラシに誤りがございました。7月17日の「交流会」のよびかけ人・田川英信様の所属は「生活保護問題対策全国会議」です。「全国生活と健康を守る連合会」は誤りでした。謹んで訂正いたします。ホームページおよびホームページからのダウンロードチラシは訂正済みです。

2021年5月13日(木)・14日(金)

第50回市町村議会議員研修会 Zoom

  • コロナ禍の自治体行政の考え方

新型コロナウイルス感染症は日本の社会に何をもたらしたのか。現在、社会的な不都合として現れている事象は、従来から存在していたものを、コロナが一挙に露呈させたともいえる。それらは自治体行政の仕組みとしての不備であり、地域経済、地域医療の制度的脆弱性でもあった。今回、四つの講義によって、社会的不都合に立ち向かう自治体のあり方を提示する。

2021年2月5日(金)

(オンライン)緊急開催!自治体予算はどうなる/ZOOM研修会

本研修会のDVDを販売しております。
研修会ご参加の方は特価3,000円(税・送料込み)、一般の方は6,000円(税・送料込み)で販売いたします。振替用紙同封でお送りいたしますので、メール(info@jichiken.jp)でお申込みください。数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

  • コロナ禍のもと、
    自治体予算をどう組む?
  • Zoom(オンライン)

自治体は新型コロナウイルスへの対応に翻弄されています。住民の命と暮らしを守る最前線に立つ自治体は、さまざまな施策を支える財源、予算はどう編成すればよいのでしょうか。国の対策や補正予算措置を分析して、自治体の対策と予算対応のあり方を、短期、中長期の財政運営を視野に入れて検討します。

全7回─2020年10月21日スタート

Zoom 講義 著者と読む『地域づくりの経済学入門─地域内再投資力論[増補改訂版]』

  • 著者と読む連続読書会「夜ゼミ」への招待!
  • Zoom(インターネット)

コロナ禍の中で、自治体問題研究所理事長である岡田知弘教授による『地域づくりの経済学入門 [増補改訂版]』が刊行されました。400頁に及ぶ大冊です。手に取ってみて、一人で読み切れるか、自信がない方もおられるでしょう。あるいは、理論的なところや、個別事例について、著者に直接質問してみたい人も少なくないと思います。そこでZoomを使った著者の岡田知弘先生との連続読書会(「夜ゼミ」)を企画しました。同書を購入している方で、Zoomでのビデオ・マイク参加が可能な通信環境をもっておられる方ならどなたでも参加できます。ただし、著者と読者との双方向での質疑が可能なように、定員を30人に限定させていただきました。

2020年10月2日(金)

Zoom開催 第25回 全国小さくても輝く自治体フォーラム

  • コロナ禍での小規模町村の取り組みを交流し、自治の可能性を語ろう!
  • Zoom(インターネット)

「全国小さくても輝く自治体フォーラムの会」は、全国の小規模自治体の自治を維持・発展させる実践を交流・研究し、小規模な自治体が国土の中で果たしている役割を内外にアピールすることを目的とする会員組織です。平成15年以来、これまで24回の「フォーラム」を開催してまいりました。今回は、新型コロナウイルスの感染防止のため、はじめてZoomを使ったオンラインでの開催といたします。そのため、会員以外の方を含めて、ひろくこうした問題に関心のある方に参加を呼びかけます。