自治体問題研究所全国ネットワーク

長野県住民と自治研究所

ごあいさつ

「長野県住民と自治研究所」は住民自治を守り育てる立場からの研究運動団体です。
今、小さな自治体つぶしの政策に地方が翻弄されています。こうしたなか、住民自治をどのように進展させていくのかが問われています。また、経済のグローバル化の中で、中山間地域では、自立・自律を図る意味からも、内発的な地域おこしが必要不可欠となっています。まさに今、住民の主体的な努力が試されているといえます。
本会では、住民団体や自治体関係者、研究者などの幅広い連携により、ともに学びあいながら、住民自治による地域づくりの輪を広げいきたいと考えています。
ぜひ、あなたもご参加ください。

理事長:安井幸次(長野大学名誉教授)
事務局長・理事:傘木宏夫(NPO地域づくり工房代表理事)
連絡先:長野県大町市仁科町3302(〒398-0002) NPO地域づくり工房気付
Tel&Fax:0261-22-7601
E-Mail:jitiken@omachi.org

主な活動内容

  • ①「研究所だより」の発行(年10回)
  • ②地域再生研究会の開催
  • ③県内の住民自治に関わる研究運動団体との連携事業
  • ④市町村財政分析、学習活動などのお手伝い
  • ⑤自治体問題研究所の諸活動への協力

年会費

  • 個人会員:8,000円
  • 団体・法人会員:10,000円
  • 会費には月刊『住民と自治』(自治体問題研究所機関誌)の購読費が含まれています。

基本情報

郵便番号
〒398-0002
住所
大町市仁科町3302 NPO地域づくり工房気付
電話番号
0261-22-7601
FAX
0261-22-7601
E-mail
jitiken@omachi.org
補足
春の長野県自治体学校や秋の自治体政策交流会の開催、年10回の「研究所だより」や「年報」の発行を中心に活動しています。今年度は研究所創立10周年記念事業として「市町村合併と地域自治の検証」をテーマに掲げ、県内自治体の調査研究を予定しています。その他、県内他団体と「自治・自立のための信州地域づくりフォーラム」などを共催しています。