原発になお地域の未来を託せるか 福島原発事故-利益誘導システムの崩壊と地域再生への道

    書籍名 原発になお地域の未来を託せるか 福島原発事故-利益誘導システムの崩壊と地域再生への道
    著者名等 清水修二 (著)
    価格 ¥1,760(税込)
    発行年月日: 2011年6月15日
    ISBN-10 4880375705
    ISBN-13 9784880375700
    C-CODE 36
    本のサイズ A5

書籍の内容

「なぜそこに原発が何基もあるのか」。社会問題としての原発問題を解明する

深刻な事態が進行する福島原発事故。「なぜそこに原発が、しかも何基も存在するのか」「なぜ地域は原発を引き受けてきたのか」「原発依存から地域は抜け出せるか」…このような「社会問題としての原発問題」を明らかにする。

長年、福島の地で“社会科学”“地方自治”の視点から原発問題を研究・発言してきた著者待望の書き下ろし。

目次

  1. 第1章 原発震災は何をもたらしたのか
  2. 第2章 社会問題としての原子力
  3. 第3章 原子力発電の財政学
  4. 第4章 原子力発電と地域の将来
  5. 第5章 復興に向けた道筋