人間の復興か、資本の論理か 3・11後の日本

    書籍名 人間の復興か、資本の論理か 3・11後の日本
    著者名等 石川康宏(神戸女学院大学教授) (著)
    価格 ¥1,760(税込)
    発行年月日: 2011年8月1日
    ISBN-10 4880375772
    ISBN-13 9784880375779
    C-CODE C0031
    本のサイズ A5

書籍の内容

『マルクスのかじり方』『若者よ、マルクスを読もう』でおなじみの石川康宏が解明する3・11後の政治、経済。 

10年後、20年後の近い未来に、2011年3月11日は、歴史のどういう瞬間としてとらえ返されるのでしょう。
たいへんな犠牲を生んだ地震、津波と原発災害の後、日本社会の全体が『人間の復興』と安全・安心の社会づくりに向けて大きな努力を開始した年としてなのか、あるいはたいへんな犠牲にもかかわらず、復興にも原発にも、その後の国づくりにも、さらに強く野放図な『資本の論理』が吹き荒れることになった最初の年としてなのか。2011年に生きる私たちは、その重大な分岐点に生きていると思います。

兵庫県では『復興はたたかいだ』という言葉が、いまも強い実感をもって語られています。『たたかい』の相手は『資本の論理』です。それは行政の中にも深く浸透してくるものです。この本では『人間の復興』とその『資本の論理』の衝突に焦点をあてました。
『人間の復興』を勝ち取るためには、多くの市民が『資本の論理』を押し返し、制御する力をもたねばならないことを、しっかり自覚してほしいと願ってのことです。」(「はじめに」より)

目次

  1. 第1章 震災復興は「資本の論理」とのたたかいである
  2. 第2章 民主党政権がめざしているもの
  3. 第3章 「構造改革」がゆがめたこの国の形
  4. 第4章 「道州制」と住民の自治
  5. 第5章 「新しい日本」をどうつくっていくか
  6. 第6章 政治に強い市民になろう