橋下「大阪維新」と国・自治体のかたち

橋下「大阪維新」と国・自治体のかたち

橋下「大阪維新」と国・自治体のかたち
大阪都構想、大阪市政改革プランなど、橋下氏・大阪維新の会が進めている政策の政治的意味を考える

  • 鶴田廣巳 (編)
  • 1,500円+税
  • 発行年月日:2012/9/10
  • ISBN-10:4880375934
  • ISBN-13:9784880375939
  • C-CODE:C0031
  • ページ数:ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

橋下「大阪維新」は「決定できる民主主義」を掲げ、公務員・公務員労働組合をはじめ既得権勢力なるものを仕立てて攻撃をしかけ、「改革の旗手」を演じています。しかし、「市政改革プラン」では、コミュニティバスや敬老パスの補助など3年間で500億円にも及ぶ市民生活予算を切り捨てる一方、「グランド・デザイン大阪」など開発政策では、6つの重点地域と広域交通網などに集中投資を進めようとしています。また、職員基本条例や公務員の政治活動制限条例などによって、公務員制度そのものをも変えようとしています。

大阪で進められている橋下氏・「大阪維新の会」の政策を検証し、その政治的意味を問い直します。


目次

Ⅰ 橋下「大阪維新」とはなにか?  鶴田廣巳
橋下「大阪維新」ははたして希望の「第三極」か?/すでに破綻した新自由主義のリメイク版/橋下「維新」の政治的本質と統治機構「改変」の意図するもの

Ⅱ 橋下「大阪維新」の地方自治像  森 裕之
地方自治の「分離」/大阪府の財政改革と地方自治の「分離」/大阪都構想と地方自治の「分離」/地方自治の「分離」をどう評価するか/中間組織の破壊/「協働型」地方自治の構築を

Ⅲ 「大阪維新」の開発戦略と大阪都構想  中山 徹
開発戦略の変遷/開発戦略の特徴/どのようなまちづくりを進めるべきか

Ⅳ 橋下「大阪維新」の公務員政策  城塚健之
「橋下劇場」に登場するアクターたち/橋下政治の特徴/維新の公務員政策の基本的な考え方/職場の抵抗力/教育・職員基本条例/徹底した職員と労働組合に対する攻撃/公務員と労働組合の活動を禁圧する三条例/橋下維新の公務員政策のもたらすもの

Ⅴ 大阪「市政改革プラン」を批判する  初村尤而
市政改革プランの特徴と問題点/大阪市の病巣と新自由主義的改革/「市政改革プラン」への批判と市民運動の広がり

Ⅵ 橋下市政下における区役所改革と住民自治  柏原 誠
大阪市二四区の現状/「大阪都構想」と特別自治区/橋下市政下での区役所改革

     

『橋下「大阪維新」と国・自治体のかたち』

¥1,620(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る