人口減少と公共施設の展望 「公共施設等総合管理計画」への対応

人口減少と公共施設の展望 「公共施設等総合管理計画」への対応

人口減少と公共施設の展望 「公共施設等総合管理計画」への対応
市民ファーストのまちづくり

  • 中山 徹(著)
  • 1,100円+税
  • 発行年月日:2017/02/10
  • ISBN-10:4880376604
  • ISBN-13:9784880376608
  • C-CODE:0031
  • ページ数:102ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

国土、地域の再編のなかで、公共施設の統廃合や民営化が急速に推し進められている。これは自治体が作成した「公共施設等総合管理計画」の即したものだ。しかし、そこに市民の意思は反映しているのか。人口減少という大きな流れのなかで、地域のまとまり、まちづくりに重点を置いて公共施設のあり方を考える。

目次

1章●新自由主義による国土と地域の再編

  • 1高度経済成長期に取り組まれた国土と地域の再編
  • 2新たに始まった国土と地域の再編
  • 3国土の再編、首都圏における国際競争力の強化
  • 4大都市の再編─地域包括ケアによるコミュニティの再編
  • 5地方都市の再編─人口減少を想定したコンパクトと連携
  • 6中山間地域の再編─過疎化を前提とした選択と集中
  • 7全国的に進む公共施設の統廃合
  • 8地方創生とは何か

2章●公共施設等総合管理計画の内容

  • 1公共施設等総合管理計画の背景
  • 2公共施設等総合管理計画の概要

3章●公共施設等総合管理計画で示された削減目標の問題点

  • 1公共施設等総合管理計画の2タイプ
  • 2削減型自治体の特徴
  • 3削減目標の問題点
  • 4長寿命型自治体の特徴

4章●公共施設のあり方を考える─公共施設を考える三つの視点

  • 1公共施設の長寿命化が基本
  • 2公共施設と生活圏との関係─「利用者の減少→統廃合」はなぜ誤りなのか
  • 3公共施設の歴史的意味─「老朽化→建て替え」はなぜ誤りなのか
  • 4公共施設を誰が、どのように運営すべきか─「市民ニーズに応える=民間活力導入」はなぜ誤りなのか

『人口減少と公共施設の展望 「公共施設等総合管理計画」への対応』

¥1,188(税込・送料無料

在庫あり

数量:  

※お支払い方法:クレジットカード・コンビニ

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る