保育の「市場化」と公的責任

保育の「市場化」と公的責任

保育の「市場化」と公的責任
保育制度「改革」をわかりやすく解説

  • 杉山隆一 (著)
  • 1,200円+税
  • 発行年月日:2008/8/10
  • ISBN-10:4880375187
  • ISBN-13:9784880375182
  • C-CODE:36
  • ページ数:ページ
  • 本のサイズ:A5ソフトカバー

書籍の内容

現在の公的保育制度の枠組みをはじめ、保育制度改革による保育システム転換、公立保育所の民営化、次世代育成支援行動計画と自治体の課題など、保育制度改革の現段階と問題点を解説する。


目次

  1. 1 保育制度改革の現段階を読む(確認しておこう、現在の公的保育制度の枠組み 財界の保育制度改革へのアクション ほか)

  2. 2 保育制度改革による保育システム―五つの柱でシステム転換(認定こども園と保育制度改革 入所要件緩和 ほか)

  3. 3 保育制度改革と公立保育所の民営化(公立保育所の役割 公立保育所の民営化 ほか)

  4. 4 次世代育成支援行動計画と自治体の課題(次世代育成支援対策推進法と次世代育成支援行動計画 後期計画を取りまく保育・子育ての状況の変化 ほか)

  5. 5 保育制度改革のこれからを考えるための事項(社会福祉法人の改革 公立保育所のスタンダードについて ほか)

『保育の「市場化」と公的責任』

¥1,296(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る