PFI神話の崩壊

PFI神話の崩壊

PFI神話の崩壊
「初期投資が少なく、民間に任せればサービスも向上する」といわれた日本型PFIの実態を検証する

  • 尾林 芳匡, 入谷 貴夫(著)
  • 2,400円+税
  • 発行年月日:2009/8/5
  • ISBN-10:4880375381
  • ISBN-13:9784880375380
  • C-CODE:3034
  • ページ数:ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

自治体病院PFIのさきがけといわれた「近江八幡市立総合医療センター」の運営開始から解約までの2年半を検証するととともに、なりゆきが注目されている高知医療センター、そして廃棄物処理施設(倉敷)、図書館(桑名)など運営型PFIの内実を確認し、PFI事業の法制度的・財政的な問題点を整理する。


目次

第Ⅰ部 近江八幡市立総合医療センターPFI解約の教訓
  1. 第1章 病院PFIからの脱却
  2. 第2章 PFIのくびきを脱して
第Ⅱ部 運営型PFIの検証
  1. 第3章 幻想のPF効果(高知医療センター)
  2. 第4章 倉敷発PFI方式による「ガス化溶融炉」問題
  3. 第5章 図書館運営PFIの内実
第Ⅲ部 PFIをめぐる法と財政
  1. 第6章 PFIの基本問題と財政
  2. 第7章 PFIにおける公共サービスの質と自治体の課題

『PFI神話の崩壊』

¥2,592(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る