初歩から分かる総合区・特別区・合区

初歩から分かる総合区・特別区・合区

初歩から分かる総合区・特別区・合区
再び始まった大阪市解体の策動に立ち向かう

  • 冨田 宏治,梶 哲教,柏原 誠,森 裕之(著)
  • 926円+税
  • 発行年月日:2017/07/25
  • ISBN-10:4880376701
  • ISBN-13:9784880376707
  • C-CODE:C0031
  • ページ数:90ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

住民自治の視点から、維新政治とは何か、総合区・特別区・合区とは何か、大阪市解体を跳ね返すために市民に求められることは何かについて、分かりやすく解説する。

目次

●はじめに   藤永延代

●第1章 都構想をめぐる問題の本質─「維新政治」は大阪に何をもたらしたか─ 冨田宏治

  • 1  不寛容なポピュリズムと市民の分断
  • 2  モンスター的集票マシンと化した大阪維新の会
  • 3  新自由主義的改革の絵に描いたような失敗

●第2章 特別区・総合区とは何か 梶 哲教

その1 特別区とは何か─特別区と「都」構想─

  • 1  特別区制の特徴
  • 2  「橋下都構想」と都構想のバリエーション
  • 3  特別区制のメリット・デメリット
  • 4  特別区設置=都区制度移行の手続
  • 5  特別区制導入の見通し

●その2 総合区とは何か

  • 1  総合区の特徴と制度化の経緯
  • 2  総合区制のメリット・デメリット
  • 3  併行する総合区と特別区の導入準備

その3 地域自治区とは何か

  • 1  地域自治区の特徴と制度化の経緯
  • 2  地域自治区の問題点

●第3章 合区の意味と問題点 柏原 誠

  • 1  合区と総合区は異次元です
  • 2  大阪市の区役所の現状は?
  • 3  大阪市の8 区総合区「区割り案」とは?
  • 4  大阪市の区の移り変わり
  • 5  合区の論点と今後の検討のプロセス

●第4章 住民自治を発展させるために─いま問われていること─ 森 裕之

  • 1  副首都推進局による「説明」の問題点
  • 2  政治と行政による「刷り込み」
  • 3  区政会議との矛盾
  • 4  大都市とコミュニティ
  • 5  住民自治の発展を

『初歩から分かる総合区・特別区・合区』

¥1,000(税込・送料無料

在庫あり

数量:  

※お支払い方法:クレジットカード・コンビニ

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る