3・11大震災と公衆衛生の再生 ―宮城県の保健師のとりくみ―

3・11大震災と公衆衛生の再生 ―宮城県の保健師のとりくみ―
  • 村口 至, 末永 カツ子, 伊藤 慶子, 臼井 玲子, 佐藤 幸子(著)/村口 至, 末永 カツ子(編)
  • ¥1,620(税込・送料無料
  • 発行年月日: 2019/07/31
  • ISBN-10: 488037699X
  • ISBN-13: 9784880376998
  • C-CODE: C0036
  • ページ数: 178ページ
  • 本のサイズ: A5

送料無料/クレジットカード・コンビニ払い可能

数量: (在庫あり)

常備書店一覧

書籍の内容

〝地域保健活動〟を検証する

公衆衛生の現状は危機的な状況にある。それが露呈されたのが東日本大震災。本来、保健師の地域保健活動は健康課題を解決するため、地域の人々と協働して行う活動。しかし、行財政改革、社会基礎構造改革により、地域保健活動は減少。さらに平成の大合併により、保健師の受け持つ地区は広範囲になり、その姿は住民から見えにくいものとなっている。そのような状況下、東日本大震災は起こる。当時、保健師はどのような活動が求められたのかを振り返り、公衆衛生のあり方を検討する。

目次

第1章 被災地の保健師活動からその役割を考える

  • 1 保健師の仕事
  • 2 大震災での保健師活動
  • 3 保健師活動に影響したこと

第2章 3・11検証─やれたこと、やれなかったこと

  • 1 3・11当時のこと
  • 2 事前に活動していたこと
  • 3 3・11検証から生まれたもの

第3章 合併した自治体、3・11後の地域保健活動

  • 1 はじめに─自治体合併と3・11との関連
  • 2 石巻市に合併した2つの地区での活動
  • 3 南三陸町での活動

第4章 地域の保健師の活動─平成の大合併に関わって

  • 1 合併前の町の様子─市町村保健師活動
  • 2 合併後の状況

第5章 公衆衛生の再生を─地域保健活動の実践

  • 1 保健師・保健所の発展史
  • 2 保健所の再編経過
  • 3 戦後の宮城県でのとりくみ
  • 4 3・11で求められた地域保健活動
  • 5 保健師の体験してきた"ゆらぎ"の意義
  • 6 協働知の提案

送料無料/クレジットカード・コンビニ払い可能

数量: (在庫あり)

常備書店一覧