自治体DXでどうなる地方自治の「近未来」 国の「デジタル戦略」と住民のくらし

    自治体DXでどうなる地方自治の「近未来」 国の「デジタル戦略」と住民のくらし
    書籍名 自治体DXでどうなる地方自治の「近未来」 国の「デジタル戦略」と住民のくらし
    著者名等 本多 滝夫, 久保 貴裕(著) 
    価格 ¥935(税込)
    発行年月日: 2021年9月30日
    ISBN-10 4880377295
    ISBN-13 9784880377292
    C-CODE C0031
    ページ数 72ページ
    本のサイズ A5

書籍の内容

デジタル改革関連法が自治体の自治を奪う

デジタル政策の司令塔・デジタル庁が本格的に動きだし、自治体でも「自治体版デジタル庁」の組織づくりや情報システムの標準化が進められる。関連法では、個人情報保護条例のハードルを下げることも企図されている。国のデジタル戦略と自治体DXの内容を分析し、自治体からの改革案を考える。

目次

●Ⅰ 地方行政のデジタル化と地方自治 本多滝夫

  • 1 地方行政のデジタル化とSociety5.0
  • 2 デジタル化と資本主義の転回
  • 3 地方行政のデジタル化と地方自治制度再編との関係
  • 4 デジタル改革関連法と地方自治体
  • 5 デジタル社会における自治体
  • おわりに 地方自治デジタル・プラス

●Ⅱ 「自治体DX推進計画」と自治体デジタル政策の課題 久保貴裕

  • 1 「住民福祉の増進を図る」自治体の役割が発揮できるのか
  • 2 デジタル政策の推進体制について─公務の公正性が確保され、職員、住民の意見が反映されるのか
  • 3 自治体情報システムの標準化・共通化について-自治体独自の住民サービスは確保されるのか
  • 4 行政手続のオンライン化について─窓口のセーフティネット機能は確保できるのか
  • 5 AIの活用について─職員ぬきに住民とAIだけで完結させてよいか?