「地域主権改革」と自治体の課題―行政分野別に考える条例づくり・権限移譲

「地域主権改革」と自治体の課題―行政分野別に考える条例づくり・権限移譲

「地域主権改革」と自治体の課題―行政分野別に考える条例づくり・権限移譲
地域主権一括法(義務づけ・枠付け見直し、権限移譲)に対する行政分野別の具体的課題と対応の方法

  • 角田英昭 (著), 榊原秀訓 (著), 本多滝夫 (著), 久保貴裕 (著)
  • 1,800円+税
  • 発行年月日:2012/10/15
  • ISBN-10:4880375950
  • ISBN-13:9784880375953
  • C-CODE:c0031
  • ページ数:ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

第Ⅰ部では、「法律と条例との関係」や「都道府県と市町村との関係の法的な変化とその意味」を明らかにし、「地域の実情」や「最適な住民サービス」の内容を検討するにあたって、自治体が考慮すべき事項、住民が留意すべき事項を解説。
第Ⅱ部では。各行政分野において「義務付け・枠付けの見直し」と「権限移譲」がどのように行われ、住民の行政サービスを受ける権利や自治体の運営にどのような影響が生じるかなど、現場での問題点と解決の方向性を提示する。


目次

Ⅰ-1地域主権一括法と「義務付け・枠付けの見直し」-地域主権一括法とは/「地域主権改革」の意義と内容/「地域主権改革」と「義務付け・枠付けの見直し」/「義務付け・枠付けの見直し」の下での条例づくりの課題/「義務付け・枠付けの見直し」の今後の展開
Ⅰ-2「地域主権改革」における権限移譲―条例による事務処理特例から法律による権限移譲へ

Ⅱ 地域主権一括法と分野別行政の課題-条例化の課題と取り組みの基本方向/児童福祉施設の設備・運営基準の条例委任/児童自立支援施設の職員に関する規定の廃止/保育所の設備・運営基準(最低基準)の条例委任/養護老人ホームおよび特別養護老人ホーム等の設備・運営に関する基準の条例委任/障害者福祉分野の設備・運営基準の条例委任と市町村への権限移譲/医療計画の努力目標化と人員・施設基準等の条例委任/地域主権一括法と住宅行政の課題/農業および農業委員会の現況と基準の見直し/第2次一括法による社会教育関連法の改正をめぐって/一括法による学校教育の変更点と義務標準法/都市計画・まちづくり分野における権限移譲と課題/地域主権一括法と墓地管理の行政課題/水道・下水道等の資格基準・技術的基準・維持管理基準の条例委任/公衆衛生分野における権限移譲・条例委任 /消防長及び消防署長の任命資格の条例委任と消防の広域化/国の出先機関の廃止・地方移譲問題をめぐって


『「地域主権改革」と自治体の課題―行政分野別に考える条例づくり・権限移譲』

¥1,944(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る