原発に依存しない地域づくりへの展望-柏崎市の地域経済と自治体財政

原発に依存しない地域づくりへの展望-柏崎市の地域経済と自治体財政

原発に依存しない地域づくりへの展望-柏崎市の地域経済と自治体財政
原発の地域経済への「効果」は1割! 電源三法交付金は地域経済が乏しいことの埋め合わせ

  • 岡田知弘 (編), 川瀬光義 (編)
  • 1,500円+税
  • 発行年月日:2013/4/15
  • ISBN-10:4880376027
  • ISBN-13:9784880376028
  • C-CODE:C0033
  • ページ数:ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

原発の再稼働をめぐり「原発がないと地域経済と財政は破綻する」論がある。それは本当か?
柏崎刈羽原発の地元・柏崎市を事例に、地域経済効果を検証すると、効果は1割台という結果になった。電源三法交付金は、地域経済効果が乏しいことの埋め合わせを、電力消費者の負担でおこなっているにすぎない。
また、電源三法交付金は自治体財政の姿をも変質させている。こうした事実をふまえて、立地自治体の地域づくりの方向を考える。

 

目次

序:福島第一原発事故の教訓と柏崎刈羽原発地域

Ⅰ:原発に頼らない地域経済への再生-国・東電の原発立地政策と柏崎刈羽原発/原発立地は地域経済を豊かにしたか/3・11後の柏崎地域経済と原発に依存しない地域経済への展望

Ⅱ:柏崎からの発信-原発に頼らないでも地域経済は再生する・原発サイト直近に住む者として・農業は自然と命が大事・ふるさとを台無しにする原発の驚異・かやぶき集落荻ノ島を未来に繋ぐ・「バイオマスタウン構想」の推進について

Ⅲ:原子力発電所立地にともなう財政収入を検証する-原発が立地するとどのような財政収入が生じるか/電源三法交付金の多様化が意味すること

         

『原発に依存しない地域づくりへの展望-柏崎市の地域経済と自治体財政』

¥1,620(税込・送料無料

当ネットショップ在庫切れ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る