直前対策!子ども・子育て支援新制度PART2-本格実施までに、何をすべきか、考えるべきか-

    書籍名 直前対策!子ども・子育て支援新制度PART2-本格実施までに、何をすべきか、考えるべきか-
    著者名等 中山徹(編著),杉山隆一(編著),保育行財政研究会(編著)
    価格 ¥1,572(税込)
    発行年月日: 2013年11月5日
    ISBN-10 4880376108
    ISBN-13 9784880376103
    C-CODE c0036
    ページ数 160ページ
    本のサイズ A5

書籍の内容

新制度は、2015年4月から本格的に実施されます。 新制度には欠陥もありますが、すでに法律が改正され、政府は本格実施に向けて着々と動いています。同時にこれからの自治体は、新制度にもとづき事業計画や各種の基準策定を進めます。これからの保育運動は、問題点の指摘にとどまらず、事業計画への提案が必要です。 本書は、新制度の問題点を明らかにするとともに、事業計画策定にあたってのポイントを解説します。

目次

◆第1章 新制度の本格実施までにしなければならないこと
・新制度の本質
・新制度でもたらされること
・崩壊する保育所
・市町村の意向で事態は大きく変わる

◆第2章 大都市における保育の現状と課題
─待機児童ゼロを目指す大都市・名古屋
・名古屋市の概要
・保育所・幼稚園の整備状況
・「行財政改革」と公立保育所の役割
・新制度への対応
・市に望む待機児童解消策

◆第3章 20万人都市における保育の現状と課題
─地域を重視した保育の実践・岸和田
・岸和田市の概要
・地域とネットワーク
・発達支援と養育支援
・保育ニーズへの対応と公立幼稚園
・公立保育所、公立施設と市の役割

◆第4章 過疎地における保育の現状と課題
─新制度を過疎地にどう生かすか・高知
・高知県内の保育所の現状と課題
・新制度導入による影響と対応

◆第5章 市町村の子ども・子育て支援事業計画で重視する点
・基本的な視点
・国の事業計画にこめる「ねらい」と私たちの視点
・ニーズ調査をどう活用するか
・事業計画を実効性あるものに
・中山間地域における提供内容をどう考えるか
・障害児にも保育の保障を
・産後の休養、育児休業後の保育の保障
・学童保育のニーズと放課後子ども教室のニーズを混同しないこと
・認定こども園への移行問題を考える

◆第6章 本格実施までのスケジュールと考えておくこと本格実施までのスケジュール
・市町村への働きかけ
・公立保育所が考えておくこと
・私立保育所が考えておくこと
・幼稚園が考えておくこと
・保護者が考えておくこと

著者プロフィール

中山  徹(奈良女子大学) 杉山 隆一(仏教大学) 木村 雅英(自治労連・地方自治問題機構) 田中 きよむ(高知県立大学) 中村 強士(日本福祉大学) 畑 千鶴乃(鳥取大学) 仲井 さやか(大阪保育研究所)