人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望

人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望

人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望
地域再編は市民の力で

  • 中山 徹(著)
  • 1,200円+税
  • 発行年月日:2018/11/15
  • ISBN-10:488037685X
  • ISBN-13:9784880376851
  • C-CODE:C0031
  • ページ数:112ページ
  • 本のサイズ:A5

書籍の内容

人口減少に歯止めがかからず、東京一極集中はさらに進む。自治体そのものを見直そうとする「2040構想」も始動した。こうしたなか、保守と革新の共同による「市民共同自治体」の動きも出始めている。地域が大きく再編されようとしている今、市民と地域を守るためにはどうしたらよいのか。「市民共同自治体」を提唱して、市民のニーズを政策に活かす方法を考える。

目次

はじめに

1章 新自由主義による国土・地域・コミュニティの再編

  • なぜ国土・地域・コミュニティの再編なのか
  • 再編の具体的内容とそれを進める政策
  • 自治体再編の方向性
  • 再編のコンセプトと進め方

2章 自治体の動向と市民共同自治体への展望

  • 開発型自治体と削減型自治体
  • 市民共同自治体の誕生
  • 市民共同自治体の展望

3章 市民共同自治体の政策

  • 政策の基本的な枠組み
  • すべての主要施策に格差是正を貫く
  • 地域のまとまりをどのようにして創り出すのか
  • 行政責任を明らかにする
  • なぜ市民参加が重要なのか

4章 市民の視点から見た国土・地域・コミュニティ再編の方向性

  • 市民的な再編を考える視点
  • 国土のあり方、最大のポイントは東京一極集中政策の転換
  • コンパクトではなく生活環境の改善を進めるべき
  • 集中ではなく日常生活圏の整備を進めるべき
  • 行政の地域化がコミュニティ再生のポイント
  • 周辺吸収型連携ではなく周辺主導型連携へ

おわりに

解説目次

  • なぜ日本では人口減少が続くのか
  • 立地適正化(コンパクトシティ)の概要と問題点
  • 連携中枢都市圏と定住自立圏の概要と問題点
  • 小さな拠点の概要と問題点
  • 地域運営組織の概要と問題点
  • 公共施設等総合管理計画の概要と問題点
  • コミュニティ組織再編の概要と問題点
  • 維新の本質と反維新共同の現状
  • 市民共同自治体の広がり
  • 統計で見る東京一極集中の状況
  • 国家戦略特区
  • 空き家対策の状況と課題
  • ドイツで取り組まれている縮小計画

『人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望』

¥1,296(税込・送料無料

予約受付中(2018/11/15発売)

数量:  

※お支払い方法:クレジットカード・コンビニ

◆Amazonで購入する

◆書店で購入する
常備書店一覧

▲ ページの先頭へ戻る